髪の傷みで色持ちが違ってくる事もある

一度白髪染めで色を染めたら、そのままずっと色持ちが続いて欲しいでしょう。
ですが、実際には髪が傷んでいる場合など、徐々に色が抜け落ちてしまう事もあるのです。

もちろんそうならないように、美容室へ行ってしっかりと染めて貰う人もいるでしょう。

ただ、髪の毛が傷んでいたのでは、色がどうしても抜け落ちやすいようなので、髪を傷めないことも考えなければならないのです。

髪の毛の傷みを気にしている場合には、既にトリートメントなどで補修を行っている人もいるでしょう。
この髪の傷みに関しては、白髪染めの方法を考え直すことも大切かもしれません。

今までのように髪を脱色して染めるという方法ではなく、髪の周囲をコーティングするのです。
そういった白髪染めとしては、ヘアマニキュアがあります。

これならば髪の毛にマニキュアのように色でコーティングするだけなので、髪の傷みも抑えられるでしょう。

他にもシャンプーやトリートメントに白髪染めの機能が付いている物もあります。
こういったものを探すのは、やはり通信販売の方が簡単かもしれません。

白髪染めを使うときには、髪の毛に対するダメージを考える事で色持ちが長く続くようになるかもしれないので、そういった部分も考慮して決めた方がいいのではないでしょうか。

△PAGE TOP